他の覚え方を取り入れた法律の学習

難易度が高いとして知られている法律なのですが、あなたの周りの人との会話の中でもその専門用語を多用するという覚え方でなら、いつの間にか理解してしまっているという状況に持っていけるのは、自明でしょう。
思い出して欲しいのですが、新しい分野を始める時には結局それに費やした時間に伴って上手くなってきたはずですので、そのやり方を法律の学習にも取り入れて日常会話を民法や憲法的にはどう言えるかを考えて、出来る限り法と接する時を増やして、切磋琢磨していくのがおすすめというわけです。
そういう風にしていくと初めは大変だと感じても、おそらく慣れてくれば楽しくなってくるはずですし、条文や判例もより深く考察可能になり他の人と差が付けられます。
上に記したような、人と違う優れた手法を採用すれば理論的にも勝れますしどの分野もそうかもしれませんが、励んだ量に比例して身に付いていきますので方法論にもこだわれるだけこだわって、どんどん改良していくのが望ましいのです。