資格試験対策の法律学習は難易度に応じた覚え方が大事

法律関連の資格試験のなかでも、例えば社会保険労務士や行政書士のような難易度としては中程度のものについては、試験対策としての勉強方法が確立されています。
いずれの試験も、複数の選択肢から正しいものを解答するものや、問題文の中で空欄になっている部分にあてはまる正しい用語を解答するものが中心になります。
このような試験については、条文や判例の内容理解と共に試験で問われやすいキーワードをしっかりと押さえることで、かなり合格に近づくことができます。
このため、キーワードの覚え方を工夫することが試験対策において重要です。
一方で、司法試験や司法書士試験のような最難関の試験については、論述試験も大きなウェイトを占めています。
そこで展開するべき解答は、条文や判例そのものを正確に記述しなければ合格はおぼつかないため、キーワードを押さえるだけでは到底合格には届かないと思います。
いずれにせよ、法律関連の試験対策は、出題傾向と必要な暗記量を適切に把握することが重要なため、スクールで対策講座を受講するのが近道になるようです。